iPhoneで写真を上手く撮る方法

###Site Name###

iPhoneの画質も高くなり、とても綺麗に写真を撮れるようになりました。

しかし、やはり手ぶれや写真の被写体位置のズレで上手く撮れないことも多くあります。


しかし、アプリをダウンロードせずに、iPhoneの内臓アプリで写真を上手く撮る方法があります。


まずはiPhoneの設定から「写真とカメラ」を起動して「グリッド」をオンにします。
それからカメラを起動するとグリッド線が画面に引かれています。
これを利用して被写体を上手く3分割に考え撮ります。

これだけで、出来の良い写真になります。

iPhone6sの価格についての基礎知識と魅力をご説明しているサイトです。

通常撮る時は、被写体を真ん中に置いて撮る方が多いでしょう。
しかし、これをあえて右側のほうにずらすことで、立体感ある写真撮影が可能になり、メインにピントが合わさり被写体の後ろはぼかしが効いてとてもよくなります。
あえて真正面に被写体をもってくる時は料理をアップで美味しくみせるなど、特に物体をアピールしたいと、そういう時に使うのがオススメです。

また撮影時、脇を閉じることでブレのない良い写りを撮ることができます。

脇が開いでいると余計な力がiPhoneに加わり、ブレやすいのです。

iPhone6sの予約に関するご案内です。

さらにもう一段階綺麗に撮影するには、連写がオススメです。

一回のチャンスしかないショットをブレや被写体の動作により撮れなかったということがあります。

そこで連写をしておけば、一番良い写真を選ぶことができますし、またあえて躍動感のある普通では撮れないような写真もできたりします。